ロゴ

ご予約はお電話にて受付中!
アベル1  048-474-7511  アベル2  048-473-1269
営業時間  10:00〜24:00 年中無休(年末年始除く)

FLEXABELL 2011 ライブレポート
2011年11月27日(日) 新宿ジャム

flx11_0-1.jpg

今年もアベル恒例のライブイベント、FLEXABELLが開催となりました。
実戦経験豊富な実力派ベテランバンドたちと、初々しい若手バンドのコラボが実現!
それぞれに力を振り絞った素晴らしいライブを見せてくれました。
その模様をアベルの各スタッフがレポートします。
それではどうぞご覧ください!

flx11_0-2.jpg


1.ON AIR
flx11_1.jpg

今年のイベントのオープニングアクトを務めてくれたのは、メンバー全員高校1年から3年というヤングでピュアでフレッシュな男女混成バンド、『ON AIR』!
しかーし!若いといっても内容は濃く充実したものでした。
オリジナルから、なんとAKB48「ヘビーローテーション」まで、バラエティに富んでいて見るものを飽きさせないステージング!
初々しさの中に、今後の活動を期待せざるを得ないエンターテインメント性を感じさせて、最初から会場を暖めてくれました!(まこと)



2.SUNSET SUNRISE
flx11_2.jpg

なんと今回のFLEXABELLで初めてLive houseに出るという。
初めて尽くしの彼らの本番前はかなり緊張していましたが(笑)いざ本番になるとKeyがメロディクで、更に良い感じの空気感を出し、Baが歌の邪魔にならないラインを作り、Drが全体のビートを支配しVo、Gtが聴きやすい歌を伝える特に感謝の気持ちを歌った曲は素晴しく、グッと来るものでした!!
若さが溢れる演奏の中にも『伝える』と言う部分が力強く、その部分では今回のFLEXABELLで1、2位を争うLiveでした!!!!!
清々しい気分、空気で次のバンドさんに繋げてくれて、本当に今回が初Live?と思わせるものでした。
SUNSET SUNRISEは今後の活動が決まっていなくとても残念ですが、Playerでもlistenerでも彼ら自信1人1人の音楽を楽しんでほしいです。
しかし……また見たい!!!!(市川)



3.OVER Rev.
flx11_3.jpg

グラサンのボーカルを筆頭にグイグイ会場の空気を盛り上げる4人組。
トレードマークの「侍道」Tシャツでキメて登場。
ライブが始まれば持ち前の熱いハートを武器に、まさにレッドゾーンを越えてもまだなお回転を上げようとするエンジンの様なパフォーマンスで会場を盛り上げました。
そんな彼らのまっすぐなパンクロックと息が切れそうになっても拳を振り上げる姿が心を打ちました。
出番前は見た目(ちょっとイカツイ)とは裏腹に少々緊張している様子も持ち合わせていて可愛さもブッチギリでした。
(野口)



4.S54B
flx11_4.jpg

「羊の皮をかぶった狼」その名のとおりな渋くてイカした全員歌える3ピースガレージロックバンド。
自己紹介で「いい年こいてR&R!!」とはよくいったものでしたね。笑。
さすがベテランなステージでした!!余計な物はそぎ落とされた3ピースならではのバランスとコーラスが気持ち良く響いて、熱い音とそれでいてクールな姿勢の入り混じった絶妙な空気で会場が満たされていき、加速するビート、どんどん高ぶっていく音に魅せられて、すっかり踊らされてしまいました。
至極のR&Rに酔わされてビールがとてもおいしかったです。
(野口)



5.Sticky Fingers
flx11_5.jpg

ROCK!!ただこの一言では済まされないバンド!
癖になるグルーヴ、出す所はだす、引く所はひく、歯切れの良い物から粘りのある物まであり、流石!と思う楽曲達、去年よりも力強さがかなり進化しDr、Ba、Gtが職人!と思わせる安定感を出しつつ、Voがその上で歌い上げ、自分達だけでは無く、観客の所まで来て全てをSticky Fingersの世界に取り込んでしまう。
CDでは見えにくく、聴きにくい所を全力で表現してくれ「これがLiveだぁぁぁ!」と言わんばかりの燃えるLiveでした!!!
Sticky Fingersは今後のLive予定は無く、決まり次第HPにアップされる予定です。
気になる方はhttp://www.ac.auone-net.jp/~stickyをチェック!!(市川)



6.Drunksnake
flx11_6.jpg

ktkr!!!おぉぉ!?何故かステージには真っピンクのスーツを纏ったやすし師匠、もとい!グラハムボネットと、長髪パーマと黒革で身を固めたイングヴェイが!?
そう!最後に登場したのは80年代HMバンド、アルカトラスを完全再現した「Drunksnake」!!
タイトで重厚なドラム&ベース、そこへ絡むテクニカルキーボード!そのサウンドの上で水を得た魚の如く自由に!そして我を誇示する事を争そうかの様なメロディアスギター&ハイトーンヴォーカル!!伊藤政則が見たら泣いちゃうんじゃなのか?(笑)
会場を西海岸の野外ステージへと錯覚させ、ステージとは魅せる場所!と皆に感じさせ、大盛り上がりのもと今回のイベントを見事に締めくくってくれた!(まこと)


いかがでしたか!?
それぞれにバンドの持つ全力をライブにぶつけてくれて、今回もとても充実したイベントとなりました!
FLEXABELLはこのように、ライブ初心者からベテランバンドまで、幅広いジャンルや年代でこれからもイベントを楽しく盛り上げていきたいと思っています。
皆さんもぜひぜひ参加、応援してください!

今年は深刻な災害や事故が立て続けに起こり、国内外が大きく揺らぎました。
大変な状況はこれからまだ長く続くかもしれませんが、挫けずにゆっくりでも各々が出来ることをがんばっていきましょう。
そして音楽が少しでも皆の楽しみや支えになりますように。 flx11_0-3.jpg flx11_0-4.jpg

(2011/12/7更新)