ロゴ

ご予約はお電話にて受付中!
アベル1  048-474-7511  アベル2  048-473-1269
営業時間  10:00〜24:00 年中無休(年末年始除く)

FLEXABELL 2012 ライブレポート
2012年12月9日(日) 新宿ジャム

アベル恒例のライブイベント、FLEXABELLが昨年12月に開催されました。
いつも以上にバラエティに富んだ、実力派バンドが集まって、来場した観客を飽きさせない素晴らしいライブを見せてくれました。
その模様をアベルの各スタッフがレポートします。
それではどうぞご覧ください!



1.Char-Ray
flx12_1.jpg

今年のトップを務めてくれたのが、キャッチーなメロディとツインヴォーカルのハーモニーが魅力のChar-Ray。
メンバー全員二十歳そこそこの若さで、熱い気持ちが弾けるようなエネルギッシュなライブパフォーマンスを見せてくれた。
楽曲はあえて音域の広めなメロディ作りで、二人のフロントマンが全力で歌い上げる様はまさに熱唱。
それを支える楽器隊の演奏も小気味良いビートを刻む。
静の部分のアレンジ処理と、曲単位でなくライブ全体の流れを意識したステージ運びがこなせるようになれば、より完成度が増すだろう。
今回のライブ以降はワンギターからツインギターへと編成を変更して、よりアンサンブルを広げたアレンジに挑戦していくとのことだ。
これからの飛躍に大いに期待する!(勝)



2.wonder land
flx12_2.jpg

今年のFLEXABELL2012 2番手をつとめたのが今回が初ライブと言う、スリーピースのグランジバンドwonder land!!
基本ミドルテンポの楽曲達は、今の音楽シーンよりも一癖も二癖もあり、初期NIRVANA、Alice in Chainsなど重く粘りのあるサウンド好きにはたまらない!
ビート感の強いドラムの上に、ギターとベースのヘビーなリフがのったり、ドラムとベースで空気を作り、そこにギターを絡ませ、一気に爆発させたりと、wonder landの独特の世界観が会場の空気を取り込んでいった。
シンプルでわかり易いコード進行と曲構成、そこから吐き出されるVoのメロディーは、必死で殺伐とした感じが伝わってくるものでした。
初ライブと言うこともあり、まだ荒削りな部分もありますが、これから様々な対バンなどで、刺激を受けたりしてどんどん鮮麗されていって欲しい!!
何よりも今後の活動が非常に楽しみなバンドでした。(市)



3.いちご☆jam project
flx12_3.jpg

かつて当イベントにおいて、これほど萌え要素に溢れたバンドが居ただろうか?いや居まい!(←反語)
ホールを埋め尽くさんばかりのお客さん達は秋葉原の空気感を漂わせ、会場は真夏と年末の幕張メッセの某巨大イベントのような様相にっ!?
それもそのはず!3番目に登場してくれた「いちご☆jam project」は、アニメ大好きなDr.を筆頭に、現役の声優さんをVo.に迎え、実力派プレイヤーが集結して真剣にアニソンを演奏するために生まれたプロジェクトバンドなのだ!
ハルヒや水樹菜々といった楽曲を、萌え声と伸びのある歌声を使い分け観客を魅了するボーカル。
それを確実な演奏力によってバックが盛り上げる。
観客たちも、ニーハイばかりに目がいっていたのではモッタイナイ!とばかりに、次第に自然と身体が動いてノリノリの様相を呈してくる!
本人達は「俺得バンド」を言っていたが、見ている方も俺得感満載でしたよ♪
見終わった後、次のプロジェクト始動を待ち遠しく感じさせる程盛り上がったステージだった!(ま)



4.S54B
flx12_4.jpg

ストレートなロックここにあり!!
昨年に引き続き、3ピースならではの抜群なグルーヴとシンプルかつ骨太な音を身体に突き刺すように響かせてホールを魅了して頂きました。
お客さんがみんな食い入るようになって観ていたのが今回は特に印象的でした。
そんな中で程好い緊張感、洒落っ気をさりげなく見せてくれるのもホント格好良いです。
ただひとつだけ、打ち上げにいらっしゃらなくて寂しかったです!!笑。
来年もまた、来年こそ是非参加して欲しいです。
そのときはまだ観たことない皆さんにも絶対オススメしたいバンドです。(野)



5.Six Packer
flx12_5.jpg

Six Packerの登場時間が近づいてくるとともに会場には外国人らしきお客さんがちらほら見え始め「ここはどこ?」としばしキョロキョロしてしまいました。
なにが起こるのかと待っていると、ステージに溢れんばかりの総勢8名が登場!
メインの女性ボーカル3名の中に外人さんがいらしてなるほどーとなりました。
セクシーかつ艶のあるボーカルを聴かせてくれたかと思いきやそれだけではありません,バックなのかと思われた男性陣もこれぞアダルトロックというナンバーをそれぞれパワフルに聴かせてくれました。
ラストにはゲストとして突然のラッパー登場で会場は大盛り上がり!
アツくて楽しいステージをありがとう!(め)



6.Drunksnake
flx12_6.jpg

イベントの最後を飾ってくれたのは、毎年趣向を変えながらFLEXABELL連続出場記録を更新中のDrunksnake。
今回はLoudness、44Magnumから聖飢魔IIまで、新旧ジャパメタを完全コピー。
はじめからカウンターパンチを喰らったような凄まじい5人のサウンドは見ているオーディエンスの心にガンガン響き、ギターソロでは突き刺すギターが炸裂、個人的にかなりやられてしまいました(笑)
年に一回では足りない!また見たいと強く思う熱いライブでした。(レ)


今年のFLEXABELLも、J-Popからグランジ系まで実に幅広い出演者がそれぞれに味わい深い世界を創り上げ、とても充実したイベントとなりました!
FLEXABELLはこのように、ライブ初心者からベテランバンドまで、ジャンルや年代を越えて楽しくイベントを盛り上げていきたいと思っています。
まだまだ未知の素晴らしいバンドがたくさんいるはず!!
皆さんもぜひ参加、応援してくださいね!

(2013/1/12更新)